閉店になる原因
働くスタッフ

現在、新規開業したカフェのうち一年で半分が、最終的には約7割強が3年以内に店を畳んでしまっている状況です。
素人が夢を見て店を開いても、大手カフェのチェーン店に及ばずに負けてしまっています。
他と差をつけるためにドッグカフェをひらいたとしても、結局は儲けが出ずにやめてしまいます。
何がいけなかったのでしょうか。
それは2つあります。
それは犬が店内を歩きまわっているため、衛生面においてすこし心配があります。
個人経営ではそのてんを安心できるレベルにまでカバーし、長い間維持していくというのは大変です。
2つ目は、ドッグカフェは客層が限られてしまい、さらに客が長居してしまう傾向にあります。
客に長居されてしまっては回転率が悪く儲けがすくなくなってしまい、店舗の維持ができなくなってしまうのです。
このように他とは違うサービスを行っても結局はうまく行かずにやめてしまうことになってしまっては意味がありません。
どうすればよいのでしょうか。

長く続ける為に

長く続けていくためには、毎日通ってもらえるようなお客さんを沢山手に入れることが大切です。
そのためには、客の立場になって自分の店の状態を考えることが大切です。
外観は好感が持てるデザインか、コーヒーの種類は客のニーズに応えられるバリエーションを備えているか、コーヒーと一緒に頼むパンなどの食べ物のクオリティはどうか、など見直す点は様々あります。
さらに他の店より客を多く自分の店に呼びこむためには、なにか一つでいいから自慢できるような商品を用意することが大事です。
例えば、焼きたてのパンが出てくるだとか、コーヒーのおかわりが自由だとか、店員さんの愛想がよく居心地がとてもいいだとか。
利益を優先しすぎて商品のクオリティがおざなりになってしまうと客はもう一度あなたの店に足を運んではくれません。
また来たくなるような印象に強く残る店は、どこか行こう、と思った時に真っ先に候補に上がります。
お客さんの目線で、できるだけ細かいところにまで気を配るのが開業して独立していくために重要なのです。

オススメリンク

冷たい飲み物

経営は計算

そこで、まずは店舗選びです。居ぬきで安く借りられる、というと、同じような設備と広さを備えたカフェやレストランが […]Read more
外は喫煙できる

コーヒー好きの夢

ドアを開けると漂う馥郁たるコーヒーの香りの中、暖かな日差しの差し込む店内の一角に、お気に入りの場所を探す。こん […]Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031